ウシノテシゴト

ウシ年うまれの5人でのんびりまったりちくちくテシゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

羊毛フェルトワークショップご報告【10月】


10月WS 作品

またまたmano a manoさんに作っていただいた画像をお借りして・・・
10月16日(火)の10月のニードルフェルト講座のご報告です。

今回は、ハロウィンを通り越してクリスマス飾りを作りました。
まん丸にキャンドル、三角ツリー、四角のプレゼントと小さなサンタの4点です。
三種のベースを用意しておいたものの時間内に出来るか心配でしたが
時間いっぱいいっぱい使わせてもらって、初参加の方も含め、無事に完成しました♪
ユーカリの小枝にぶら下げて壁飾りに!

注目はサンタさんの髪の毛。
くりくり感から、ボリュームまで多様なサヘアスタイルのサンタさんたち。
どのコもかわいいでしょう~?

みなさまありがとうございました♪

今週末の芦屋美術館アート・バザール → にウシノテ5人で参加致します!

なのになのに。
多分私だけ。
作品作りの進度、過去最悪です。
どうしようね~これ~~

unico
スポンサーサイト
  1. 2012/10/17(水) 14:55:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羊毛ニードルフェルトワークショップ【10月】

10月WS 案内

mano a manoさんからいただいた、今月のワークショップの案内です
今月の課題はクリスマスオーナメント。
壁飾りとしても使えるよう、スモーキーカラーな小枝もセットします。

unico
  1. 2012/10/10(水) 02:12:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイルド

以前、「裂き布でかわいいbagがあったよ」とunicoさんから聞き、まずは携帯サイズでチャレンジ。
ほつれ糸が、あっち向いて、こっち向いて状態になっているそのワイルドさと、裂き布がかもし出す
「色のグラデーション」が相まって、おもしろい仕上がりになりました。
2012100415370001.jpg
我が家には世間を賑わす「スマフォ」なるものが存在せず、2つ折り携帯愛用の私は、ただただサイズを
イメージしながらの作成。できあがった作品に  2つ折り携帯 →余裕で入る。
                              リモコン →長身が故に上部はみ出る。
                              デジカメ →スッポリ入る。 
布や糸は収縮するので大抵のモノはがんばれば入りますっ。

「裂き」布というのだから、布を裂くことから始めたのだが、「裂く」行為は、思ったより「ウォー!!」と
気合が要り、昔の部活トレーニングのベンチプレスやチェストプレスを思い出した。この調子で裂いてたら
私の胸筋がワイルドになるし、ホコリや糸くずが舞い散り、私も部屋もワイルドになるので、ハサミで布を
切ることにしました。
後から本と出会い、「布を一気に裂くとホコリが舞うので、マスクしたり、細かいほつれ糸が出るのでエプロン
を着用して」などと書かれているではないか。調理実習ですな。
裂く方法は、布の種類により使い分けるとのこと。ロールカッターなどというハイカラなものを使っている本も
ありました。
裂き方によって仕上がりの風合いも変わるというから、裂き布編みは奥が深いのだね。
今回、麻や綿の布を使いましたが、Tシャツを使うのもおもしろそうなので、又チャレンジします。
着なくなったTシャツを、フライパン拭きに使うか、裂き布に使うか・・・それはあなた次第です。
ちなみに、作品へと化した裂き布は、編みこまれたことで、ほつれ糸を引っぱっても抜けないし、ホコリが
舞うこともありません。なので裂き布作品をご使用の際には、マスクもエプロンも三角巾も(増えとる!)
着用しなくてno problemであります。
                                              ★あゆこ★

  1. 2012/10/05(金) 12:53:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。