ウシノテシゴト

ウシ年うまれの5人でのんびりまったりちくちくテシゴト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連載

又お会いでけたで。何もかも忘れんうちにブログ更新でけたで。
お洗濯にまつわるお話をしましょう。(えっ!まさかの連載?)長文にならぬことを祈る。
乾いた洗濯物を取り入れる時、皆さんは何を思いますか。
①よう乾いたな  ②今日も一日終わりやな  ③何食べよかな  ④フンどれに付いたかな
はい、④フンどれに付いたかな ですね。  今、私の最大の悩み、フン害です。(平和やな)洗濯物を干す近くにスズメの巣があり、洗濯物のあるテラス上空でフンをする。
毎朝ヒナが勢いよく親を呼ぶ。「ごはんー!」「ごーはーんーーー!!」親がいそいそ戻ってくる。残念ながらお食事シーンや親子触れ合いシーンは、目上の雨どいの巣ゆえ、私からは見えない。想像するに微笑ましい。家族っていいな。大きくなれヨ。しかーし先日、子どもがパジャマを着て、さぁいよいよ就寝の時、「おやすみ~」と後ろを向いたその背に、スタジャンの龍のごとく、天に昇るフン画が!私のムツゴロウさん精神崩壊。対策に乗り出す。(間違いなく長文になるな。この辺でページ閉じるも可)
巷でやられている対策は、恐らく鳥たちもIT時代により効果なし。
「はいはい、それね!動かへんのやろ?」(かかし)
「あっ、それ昔ビビッたで。でも今は楽しませてもろてる」(CDキラキラ)
「おっ、ちょっと奮発したやん。でもごめん。私らスズメやから」(カラス対策グッズ)

そこで本日紹介するのは、こちら
            『ゴミ袋』       ふつーのゴミ袋。色柄不問。できれば大きめ。
テラスの淵(ない方は物干し竿)にゴミ袋をくくりつける。ギュッとではなくちょっと余裕持たせる。しかし結び目は飛んでいかぬようギュッとね。これだけです。後は風が来るのを待ちましょう。

様子を見るに、風でゴミ袋が左右にワシャワシャと横滑り(余裕を持たせるのは、この為ね)する度、スズメはビビッて飛び散る。用を足すどころではないようだ。
1日目、フン知らず。すごいやん。ゴミ袋。風。自然。
2日目、フン又知らず。洗濯干すのも倍楽し。スズメの声を聞きながら、「ぎょうさん、ご飯もらいや。大きなりや。」とヒナを想う心も寛大に。ちょっとやり過ぎたかしらゴミ袋。用が足せない→便秘する→ご飯食べられへん→生きていけない
はっ!ムツゴロウ精神復活!ゴミ袋は広げて置こう。そこにフンをしまくってもらい、あとは丸めてポイ!などと考えていた矢先、衝撃走る。なんと、私の目の前で、ワシャワシャなるゴミ袋上空で、大人スズメ達がチュッチュと愛をはぐくみ始めたのだ。
反射的に私カーテンに隠れる。見てはならぬ。でも、ちょっとだけ・・・いや、ならぬ。
最初はフンをどうにかしたい、から始まり、あまりのフン量にとうとうスズメの巣を排除しようとまで追い詰められたが、そんな醜い自分を責め、ワシャワシャゴミ袋で風を感じていたのに、フンを減らすどころか、家族増やしてフン増やすんかいな!
  「フンを憎んでスズメ憎まず」
         ・・・広辞苑に加えてください・・・。
                                         何なん?この連載企画  ★あゆこ★
                                                 
スポンサーサイト
  1. 2014/06/17(火) 10:51:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連載3 | ホーム | mano a mano 1day shopに参加!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ushinote.blog.fc2.com/tb.php/95-0d334ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。